FFXIのGilgamesh鯖でのんびり過ごしているタルタルの徒然日記。
現実世界での日常の出来事もちらほらあったりなかったり。



2011.03.23 Wednesday スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています




2008.12.09 Tuesday ちょい気になった記事
JUGEMテーマ:日記・一般


おこんばんわ、べりぃでやす。みなさま体調など崩されてませんか?
僕は血尿バリバリの扁桃腺腫れまくりで頭痛すぎーの熱出すぎーで死にそうです。
ってか、明日作戦決行予定日なので、吉と出るか凶と出るか楽しみですわい

ってか、なんでそんな状態で更新してるのかと?思われるでしょう。
僕は情報はすでにご存じの方もいらっしゃるかもしれませんが98%は
インターネットから仕入れています。最近は便利になりましてねぇ
ガジェットでそりゃーもうガッツンガッツン更新されていくから
政治、経済、流通、金融、芸能はまぁちょこちょこ
あとなんだ?新聞社の一面みたいなやつ?をかいつまんで見てみてます。
ってか、この手の記事も多いけど見てて少しどうかと思った。

損賠訴訟:うつ自殺の原因、長時間労働認定 東京地裁判決

これを見て思った感想は、遺族の方には大変申し訳ないが甘いと・・・
大元はたぶん社名から見て同じ所なんでしょう、出向でしかも責任者ときてる。
最初からきついのなんかわかりきったことじゃないですか?といいたい。
なのにウツで自殺とか正直家族のフォローもできてなかったと思う。
ウツは家族のフォローがかなり有効な病気だし、ただでさえ自殺願望抱くのだから
そういうことができる物を、連想できるものを排除してあげるのも必要じゃなかった
のでしょうか?と話がそれてしまいましたが何が甘いかというと

3か月残業100時間超えて働いた位でウツとか!
俺なんか残業160時間、サービス分つけたら200時間近くを4カ月したわっ!

まぁ、何が言いたいかというと、死=最後って言うことなんですよ。
死んだら最後、自分は楽かもしれませんが残されたものはたまったものじゃない。
自分の出来る力を尽くして、それでも駄目だった場合、また自分の力で這い上がる。
そんな姿に子供は憧れるんじゃないかなぁと思います。
うちの親父も死んじゃいましたがうちの親父は凄かった。地味に凄かった。
その凄さが最近地味に思い出されて来てるのがまた泣ける今日この頃。
このままいくとダメリーマンになるので、そろそろ動きだそうと思います。でわ!







2011.03.23 Wednesday スポンサーサイト



comment...

通りすがり 2008/12/19 19:50
遺族のサポートは確かに不味かったかもしれません。しかし裁判で認みられている通り、大部分は会社側に責任があります。これは損害賠償として認められるべき正当な権利です。また、これが裁判で認められることで同様の事例で泣き寝入りしようとしていた人々の励みにもなるでしょう。家族のサポートが甘かったことを悔いても、死んでからでは遅いのです。遺族を責めることで何が得られるのでしょうか。
また、あなたの文章は、他人の事例(それも既に亡くなった方)と、自分の体験で論理をすりかえています。他人はあくまで他人であり、心も体も別物です。当然、うつになるまでの仕事の限界量も違います。
あなたの職場の過酷さはわかります。私も月300時間以上残業していた時期がありました。しかし、この文章だとあなたがもっと働きたいととれてしまいます。本当にあなたはそうしたいのですか?残業することが正しいサラリーマンの姿なのですか?
べりぃ 2008/12/20 02:03
>通りすがりさん
そのようなイメージを持たれたのでしたら申し訳なかったです。
自分は別に仕事は好きですが残業をするのが正義とは思ってませんし、残業はしないでいいならそれに越したことはありません。ただ自分に与えられた仕事の量が自分一人で時間内に終わらないものなのでれば残業は仕方がないものですし、逆にしなきゃいけないものでもあると思っています。ましてや責任者、管理職であるのであれば。
僕のチラ裏文章を読んでどのようなイメージをもたれるかは色々想像もしましたが、何を言いたいかというと最後の方に書いてありますが、「死んだら終わりです」そこにどうして行き着かなければならなかったのか、ほかに選択肢はなかったのか。
自分は仕事で自分自身を捨てる気は全く無いので駄目だと思ったらすぐ職は捨てる覚悟はいつも持っているし、働かせてもらってるっていう気は全くなく、どこの職場でも働いてやってると思っています。
それが自分の理論というならそうかもしれません。ただ人を使うという意味では同じ立場だった方ならもう少し、もう少しでいいから頑張って欲しかったという意味も込めてこの文章を書きました。
不快に思われたのでしたら個人の一文章ということでご了承ください。申し訳ありませんでした。
あねね。 2009/03/05 01:46
最近思うのですが、多分職場でウツになる人っていうのは仕事量のせいではないのではないか、と・・
私も働いていた頃6時〜終電(そこから2時間かけて帰る)昼休みなんかナシという環境でしたが新入社員で入ったのでそれが普通だと思っていました。幸いにして上司にも気に入られ同僚も皆いい人でグチったりして発散できていたので病気にならずにすみましたが、、
もしコレが上司も嫌なタイプで頑張っても成果を認められず、ゴミのように扱われグチを言える様な親しい相手もいない・・そんな状況だったら例え定時に帰宅できたとしてもあっというまに精神的に参ってしまうと思います。その上更に時間も拘束されて体もキツイという状況だったとしたらどうでしょう・・
仕事ってどんなにキツクてもそこにやりがいを感じていたり、誰かに認められていたり、要は人間関係がうまくいっていればそんなに辛くないと思います(もちろん上のコメントにもあるようにどこに辛さを感じるかは人それぞれなのですが)

でも死ぬくらいなら頑張らないで辞めちゃえばいいじゃん!死ぬ気になれば仕事なんていくらでも探せる!って私などは思いますが、それは正常な人の判断で多分ウツの人ってその判断ができないんだと思います。死にたいくらい辛いのに辞めるという選択肢を選べない、それがウツなんだと。
そういう意味では家族は会社に乗り込んででも辞めさせれば良かったという意味では家族の手落ちでしょうけれど、なかなか本人の元々の性格もあり、周りにグチを言わないタイプだったり、家族は家族でその時自分も手一杯だったりしたら気づけない・・事もあるかなあと。このへんは、まぁホントに分かり合ってる仲良し家族なら確かにありえないでしょうけどね。まぁそういうのはタイミングもあるのかなぁと。
べりぃ 2009/03/25 07:37
>あねねっさん
またエロ広告かと思って放置してたらお返事おそくなりましてゲフンゲフン
ですよねー、まったくそのとおりかもですね。僕みたいにあっけらかんとしてる人ならそうなのでしょうが内向的な方はやっぱりこうなるのかなーと、、、
まぁこの文章を読んで一人でも多くの方にこんな考え方もあるんだぞーと思って頂けたらと思って書いたので捕えられ方は色々かもですね。。。
これだけは確実に言える事、仕事だけが人生じゃない。仕事をしないのは駄目だけど仕事なんかはいつでも自分の力で就くことは出来る。それには常に向上心をもって勉強していくいことであると思います。
ちなみに僕は今更ワードエクセルなどを勉強しだしましたlol




comment
Material ふわふわ。り
(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.